ごあいさつ

 当研究室では、コンピュータやデジタル通信のさまざまな問題の数理的なかたちを明らかにすること、 それに基づいて普遍的な解決法を導くことを目指しています。 研究テーマは、学習理論、機械学習、情報理論、情報幾何、通信理論、ネットワーク理論、非線形システム理論などの基礎理論とこれらの応用です。 具体的な応用例としては、インターネットにおけるサイバー攻撃検知、超解像、パターン認識、CDMA通信、超高精細AD変換などがあります。 こうした研究を通じ、変貌を続ける高度情報化社会の基盤技術を担っていける人材を育成しています。



最新情報&更新情報

2017.9
(9/8) 修士2年 宮本耕平さんと修士1年 江藤宗矩さんが 電子情報通信学会 情報理論研究会において論文を発表しました
2017.7
(7/21) 竹内教授の論文が国際学会IEEE Information Theory Workshop(ITW2017) に採択されました
  • Jun'ichi Takeuchi, Hiroshi Nagaoka(UEC), "Information Geometry of The Family of Markov Kernels Defined by A Context Tree"
(7/14) 竹内教授が 電子情報通信学会 情報理論研究会において論文を発表しました
2017.6
(6/28) 實松 豊准教授が国際学会 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2017)で論文を発表しました
  • Yutaka Jitsumatsu,"Computation of the Random Coding Secrecy Exponent for a Constant Composition Ensemble"
(6/28) 博士3年 梁 同信さんが国際学会 International Radar Symposium 2017 (IRS 2017)で論文を発表しました
  • Dongshin Yang, Yutaka Jitsumatsu,"Compressive Sensing of Up-sampled Model and Atomic Norm for Super-Resolution Rader"
(6/22) 川喜田助教の論文が論文誌 Machine Learningに受理されました
(6/9) 竹内教授が 電子情報通信学会 情報通信システムセキュリティ研究会において招待講演を行いました
  • 竹内純一(九大/NICT),「サイバーセキュリティにおけるAIの応用について」
2017.4
(4/2) 實松 豊准教授の論文が国際学会 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT2017)に採択されました
  • Yutaka Jitsumatsu,"Computation of the Random Coding Secrecy Exponent for a Constant Composition Ensemble"
2017.2
(2/19) 博士3年 梁 同信さんの論文が国際学会 International Radar Symposium 2017 (IRS 2017)に採択されました
  • Dongshin Yang, Yutaka Jitsumatsu,"Compressive Sensing of Up-sampled Model and Atomic Norm for Super-Resolution Rader"
▼過去のニュース

このページの上へ